タオルの製造方法



村井捺染

SILKSCREEN
シルクスクリーン(染料/顔料)


色ごとに分けた型にいインクを刷毛で刷り込みプリントしていく方法です。 数色で大ロットの場合に向いていて、色もインクを細かく配合して作るので色合わせが容易です。 顔料と染料があります。

顔料インク

生地の表面にインクをのせてプリントします。はっきりとした表現が得意。
インクの性質上、印刷部分の生地がやや固く仕上がりますが、安価にオリジナルタオルが作れるので人気です。


染料インク

生地にインクを染み込ませてプリントします。深い部分まで色が染まりますので仕上がりが鮮やかできれい。 タオルの風合いもそこなわないので柔らかさが残ります。色落ちしにくいのも特徴です。



村井捺染

INKJET PRINT
染料インクジェット


染料インクジェット用の専用生地を反(ロール状の生地)でプリントしていくので、スピーディーに量産できます。シルクのように製版を必要としないので小ロットが可能です。

特徴

染料インクなのでインクが毛中まで浸透し、プリント面も柔らかい仕上がり。発色がよく、カラフルなデザインや写真を使用したデザインにおすすめです。


対応生地

染料インクジェット用シャーリング生地(弊社オリジナル)

村井捺染

INKJET PRINT
顔料インクジェット


顔料インクを使用し、蒸し・洗いの工程がないため安価で短納期が可能です。ピースでのプリントが可能で 対応生地が幅広いのが特徴です。

特徴

生地の表面にインクを付着させるのでシャープな表現が可能ですが、濃色(黒・紺など)は、染料(繊維の奥まで染める)に比べ、比較的薄目の仕上がりになります。


対応生地

パイル、シャーリング、手ぬぐい、あろん(弊社オリジナル)、ぬぐい(弊社オリジナル)

村井捺染

JACQUARD
ジャガード織


「印刷」でデザインを表現するプリントタオルとは違い、「織り」でデザインを表現するタオルです。 織り方や糸の色で表現するので、タオル本来の風合いが残ります。 ジャガードタオルは、タオルを作る工程=デザインを作る工程になるため、 製造前に入念に型や機械を調整する必要があります。